食事の好き嫌い

食事の好き嫌いは、離乳食の時から見られるケースもあれば、離乳食中はなんでも良く食べたのに完全食となってから始まるというケースもあります。嫌いな食べ物にも個人差はありますが、基本的に子供は渋みがある物や苦味のある食材には本能的に拒否反応を起こす様になっています。ですから、野菜などママが食べて欲しい物ほど食べてくれない事が多いのですね。

多くのママが味付けを子供の好きな風味にしたり、嫌いな食材は小さくしてみたりと少しでも食べやすくなる様に工夫をしているでしょう。確かに、食材の切り方や組み合わせを変えるだけで好き嫌いが解消する事もあります。ですからまずは、子供の好きな味付けにしたり、切り方や調理方法を変えてみてください。それでも食べない場合はどうするかというと、そのままにしておきます。絶対にしてはいけないのが、食べれないからと言って激しく怒ったりする事です。

子供の好き嫌いは、ワガママとはまた違うのです。誰でも経験があるでしょうが、子供の頃あんなに嫌いだったものが大人になって食べれる様になったという事は珍しくありません。色んな食事をする様になり、味覚が発達していく事で大人になってから好き嫌いが改善するケースはとても多いのです。そうは言っても栄養バランスが気になるというママもいるでしょう。そんな時は、別の食材で補ってあげれば良いのです。

絶対にこの食材を食べなければ命にかかわる!そんな物はありません。同様の栄養素を含んだ食材で代用してあげればいいのです。ただ、嫌いな食材を食卓から完璧に排除してはいけません。例え子供が食べれないとしても、大人用として食卓にあげ好き嫌いを克服するチャンスを残しておきましょう。